弟子たちに対する手紙

チューの行についての手紙
2012年2月9日、ダルマ・シティにて
ハイ!
ご自分の身体というハンバーガーはいかがですか。
心はハンバーガーである自分の身体を食べるものである。
よく考えると、私たちの身体はハンバーガーの如きもので、バンズは肉体そのもので、中のチーズやバターは体脂肪。トマトやマヨネーズは血液・・・
なぜ、このように例えられるのか。
私たちの身体は我執という汚染された企業によって作り出されているので、この企業が生産するものは、食べ物やなんであろうとも、すべてが汚染されている。
ならば、私たちに必要なのは、不滅な食べ手、つまり自分の心そのものだ。その心こそがテクチューの心と呼ばれている。
そのような心は、出されたもの、なんであろうとも、それを食べ、無漏のハンバーガーの御身体、薬に変容するのだ。
また、それがなぜ求められているかというと、その心こそが、汚染されたものを、それがどこにあろうとも、(外、中、秘密にも)清められる力を備わっているからである。

皆の善き運を祈る!

ラニャク・パトゥルとよばれる完全にいかれた者によって記されている。
----------------------------------

Letter about meaning of Chod Practice

February 12th, 2012

Hi,
Our mind is the eater of the hamburger of our body. 
Our body is like a hamburger, the part of bread is our body, inside the cheese and butter are like fat. 
Tomato and mayonnaise are like our blood. 
Why do I say that? 
Because our body is produced by contaminated ego companies, and whatever food or things come from these companies, everything becomes contaminated, polluted. 
Then we need the indestructible eater which is our mind, which is called the trekchö mind. 
It can eat everything and transform it into the medicine of the uncontaminated hamburger of the kayas. 
And also we need that; because if someone destroys all the polluted things wherever they exist, outside, inside and in the secret, that is the meaning of Chöd.

Good luck!

This comes from the fully mad person called Ranyak Patrul Rinpoche.


---パトゥル・リンポチェは弟子たちに向けて書かれた手紙のアーカイブ---

------------Archive of all previos letters--------------


Letter 8. March 17th, 2011 東北大震災に因んで日本サンガにむけ手出された手紙

Letter 7. January 14th, 2011 from Dharma City Belgium. About Courses in 2011>

Letter 6. January 4th, 2011 from Dharma City Beligum. About Translation Group Meeting>

Letter 5. June 15th, 2009 from Brussels about Summer Courses>

Letter 4. January 4th, 2009 from Dharma City, Belgium>

Letter 3. April 18th 2008, from Tokyo Information about Peace Prayer Retreat>

Letter 2. January 1st, 2008 from Dharma City, Belgium. New Year Greeting.>

Letter 1. September 14th, 2007 from Poland>