16年GWセミナー:パトゥル・リンポチェの来日イベント(詳細)

①一般講演

【演題】    「自力と他力の両門」 
【Theme】"Salvation and Self-liberation"

【日時】     4/28(木) 19:00~21:00頃
【内容】   
多くの宗教の目的は「救い」を得ることです。ただ、各宗教が指し示す「救い」への道のりは大きく分けて「何か他者の力によって救われる道」と「自己の力によって救いを得る道」とに分かれます。そして仏教には、この両門(自力と他力)の道が仏によって示されています。今回、パトゥル・リンポチェがこの両門を明快に解き明かしてくださいます。
【言語】      すべて英語⇒日本語
【場所】      新宿区若松地域センター 2F 第一集会室「東京ゾクチェンセンター」で表示
※初めての場所ですので、事前にご確認ください。
【住所】     新宿区若松町12-6
【交通アクセス】都営大江戸線「若松河田」駅下車 河田口より徒歩1分
【参加費】   無料
【お申込み】できる限り事前にお申込みください。[申込フォーム]


②、「発菩提心」章の解説の法話会

【演題】「普く善き我が師の口伝の教え」第2部特別なる前行の第2章 「大乗の根本である菩提心を生起する」
【Theme】
Explanation on Chapter "Arousing bodhichitta, the root of the Great Vehicle"

※クンサンラマのコース8年目この章の冒頭で、ザ・パトゥル・リンポチェは、「大乗の根本である無上菩提に発心する導きに三つ。四無量心、無上菩提に発心する、願う心と行う心 [発願・発趣菩提心] の学処を把握する」と記しています。大乗仏教の根本である菩提心を解き明かしたこの章は、「普く善き我が師の口伝の教え」の中でも重要な章となります。章の内容は、概ね上記引用の通りですが、「発趣(行いの)菩提心」の中で「六波羅密行」のことが解説されます。

「普く善き我師の口伝の教え」のコース全体についてはこちらでご覧になれます。

【2.1 法話会の前半】
【場所】JR信濃町 慈母会館
【日時】4/29(金/祝) ~5/1(月)まで

【2.2、法話会の後半】
5/3(火・祝)~5/5(金・祝)・5/7(土)
【場所】新宿文化センター 和会議室

7日の法話の終わりに、口頭伝授があり。

【参加資格】要予約。たとえ前年に参加されなかったとしても、それぞれの章の内容はは独立しているので、どなたでも途中からでもご参加できます。
今回は、クンサンラマの教えの要となる「発菩提心」の章ですので、是非とも多くの方と一緒に勉強できたら、うれしいです。 
ただし、試験を受けるには、前年からの参加、もしくは、リンポチェからの許可が必要となります。【申込はこちらからお願いします。】

②「クンサンマラの教え」前年分(帰依)のテスト

The test on Chapter of Refuge(the theme of last year studying)

4/29(金/祝) 11:00~ 
※他の日でもセミナー中の昼休みにテストは受けられますが、なるべくこの時に受けてくださるようにお願いします。

Q&Aのデータをこちらからダウンロードできます。

「普く善き我師の口伝の教え」(クンサンラマの教え)「発菩提心」の章参加費
(1)全日程

(「発菩提心」の章テキスト・全法話の音声MP3のDVD込み)
※テキストは、チベット語・英語訳・日本語訳併記
a.事前振込(4/25・金迄);全6日半 24,000円
【事前振込に限り】遠方(自宅から通えない方);20,000円
家族割引;2人目以降;20,000円(ただしDVDは家族で1枚)
※なお、金銭的に支払が難しいが(強く参加したい方は)、事前振込の全日程に限りご相談に乗りますので、センターまでメールをください。
b.当日払い全日程 30,000円

(2)1日毎の参加の方の参加費(テキスト別途;2,000円)
a.事前振込(4/25・金迄);1日当たり 5,000円
b.当日払い;1日当たり 6,000円

 

振込先】

 口座番号 10080-90410061
パトゥルリンポチェ訪日事務局
※ ゆうちょ銀行(旧ぱるる)、
ゆうちょダイレクト(Web送金)、
 他金融機関
 (【店名】〇〇八[読み:ゼロゼロハチ]
【店番】008 普通9041006 )からも送金可 


③灌頂

【灌頂】 シンハ・ムカ(獅子面のダーキニー)と長寿持明者の灌頂
【Empowerment】 Empowerment of Shinkhamukha and Empowerment of Longlife Vidyadharas
【日時】 2016年5月8日(日) 14時~17時

【灌頂の説明】 シンハ・ムカSimhamukha(サンスクリット)、Senge Dongma(tibet)、Lion-Faced Dakini(Eng) 獅子面ダーキニー
ロンチェン・ニンティクの系譜の灌頂です(ロンチェン・ニンティクの集会樹にも描かれています)。ダーキニーの忿怒尊であり、グル・リンポチェの1つの変化でもあります。
誓約を受けた護法尊ではありません。お姿はダーキニーですが、その機能は祈りの拠り所となる「本尊(イダム)」に位置づけられる尊格です。
ロンチェン・ニンティクの系譜を日本に残すという「当センターの発願」に応えて、当センターでまだ実践していないロンチェン・ニンティクの灌頂ということで、パトゥル・リンポチェが授けてくださることをご承諾してくださいました。

【参加資格】
仏教徒はどなたでも参加可。
要予約(曼荼羅の準備で人数を把握しなければならないことがありますので、ご参加される場合は、最低一日前にお知らせお願いします。)(申込フォーム)
【参加費】
自由布施


④ユムカのツォク

【法要】ダーキニーの日には、ユムカのツォク
[Practice]Yumka Tsok at Dakini Day

【日時】5月2日(月) 16:00~19:00頃
【金剛阿闍梨】パトゥル・リンポチェ
【場所】 慈母会館
【参加費】喜捨 
【持参物】
ユムカのテキスト1人1品以上の飲食物※調理不要、会場を汚しにくいもの(汁物&粉物×)法具;使用される方は金剛鈴・金剛杵
後は、ロウソク、お花の供養もご自由にできます。


 

⑤チューの実践

チューの実践
The Practice of Chod

当センターで一日の締めくくりのして実践していたチューの行ですが、今回は会場の都合で、慈母会館に法話があるときのみとさせていただきます。
ご理解をお願いします。

【実践する予定の日時】
4月29日、4月30日、5月1日 法話が終わってから、10分後です、(17時10分ごろになるかと思います)

ご参加される方は、ダル、カンリン、金剛鈴と「ダーキニー高笑い」の成就法をご持参ください。
注意
(チューの行をされるには、最低口頭伝授をうけなければなりません。まだ受けていらっしゃらない方は、テキストを読んだり、行じたりすることができませんが、会場に残って、静かに、瞑想されるのは、構いません)。


⑥会場セッティングのボランティア希望の方へ

よろしくお願いします。
①4/28(木) 17:30~ 新宿区若松地域センター
②4/29(金・祝) 9:00~ 慈母会館
③5/3(火・祝) 9:00~ 新宿文化センター



全てのスケジュールのまとめられた表